カテゴリー別アーカイブ: メッセージ

心惹かれる瞬間

記念日、誕生日など特別な日や時間には好んで足を踏み入れない。だけどよく考えてみると僕は特別な日や時間そのものを避けたいのではなく、予めそこに特別、記念という枠をはめられた状態を避けたいのだ。予定調和じゃない日の、心惹かれる瞬間が好きなのだ。強引にまとめるならば、それこそが結果として自分の特別な日や時間となるのだ。

2002年初夏、あの午後に僕は

20141031

12年前の初夏、僕はクレイジーケンバンドの横山剣、ケンさんを路上に寝転んで211万画素のIXY DIGITALで撮っていた。広島クラブクアトロが毎月発行してるスケジュールガイド「QUATTRO PRESS」の仕事のためだった。この写真は2002年6月15日発行の「QUATTRO PRESS / VOL.06  」を撮影したものだ。

今夜ふと聞いたCKBの「スパークだ!」が、あの12年前の初夏を思い出させてくれたのだ。そして小学生、中学生、高校生、夜間大学生だったころ、20代のころのことをも…。

僕はこのいまがうれしい。
いつだって、スパークだ!スパークだ!
ありがとうケンさん。

ーーーーーーーーーーー
「スパークだ!」

CRAZY KEN BAND (クレイジーケンバンド)

作曲︰横山剣

作詞︰横山剣

夕暮れの小径 お寺の鐘が鳴る
迷い込む住宅街 今 立ちのぼる

夕餉の匂いと優しい音がする
逆光線の向こうに あの日のママがいる

なりたいものはなんだろ?
僕にもなれるかな?
宇宙飛行士 レーサー オリンピック選手

なりたい自分になれなくても
悩んだあの日を愛せる今が嬉しい

泣いても笑っても 時間は
前にしか進まない だからこの瞬間を
もっと強烈に もっと鮮やかに
「スパークだ! スパークだ!」と
自分を励ました

やり残したことはなんだろ?
まだ間に合うのかな?
ひとつだけでもいいから
やり遂げてみたいな

レースの途中で邪魔されても
憎んだあの日を許せる今が愛しい

泣いても笑っても 時間は
前にしか進まない だから思い出を
もっと大切に ずっと大切に
したいよね したいよね
だけど今は振り向かず
「スパークだ! スパークだ!」と
自分を励ました

iPhone5はヌードがいちばん美しい。

僕は数ヶ月前からiPhone5のケースを外して使っている。ケースやバンパー装着はデフォルトという考えを排除してみたら、僕の生活スタイルとどこか似ていることに気付いた。

分厚い洋書のカヴァーを外すと、そこには布製本のとても美しい書籍が現れる。文庫本も書店でかけてくれるカヴァーを外し、さらに文庫本のカヴァーも外す。すると気持ちのいい、やさしい手触りの一冊の本が手にぴったり馴染んでくれる。

すべてのカヴァーの多くは、安全、安心、便利などという目的の下に存在している。そこをすべて排除して一定のリスクを伴いながら、ヌードと付き合うことはとても爽快だ。

カメラのショルダーストラップは使わない。財布ではなくマネークリップ。バッグは努めて持たず、ジャケットの内ポケットにペンとA4の紙を2枚ほど。小さな雨くらいなら傘はもたない。

こうして数十年になるが、なにひとつ決定的に困ったことはない。安全、安心、便利は、僕の暮らしではあまり重要ではないという、ひとつの結論めいた自身の分析に落ち着いた。

雨の土曜日、いま僕はそんなことをぼんやり考えている。

僕の考え

昨日と今日、フェイスブックに僕の考えを書きました。ブログに再掲しておきます。
ーーーーー
<2013年7月20日>
明日投票箱に一票を投じるそのぎりぎりまで僕は調べる。考える。まだ考える。今回は山本太郎、三宅洋平に強く考えさせられた。僕は二人をもう一度ちゃんと知りたくて自分の方法で追いかけた。彼らは間違っていない。彼らを支援する。それでも僕は考える。まだ考えてみる。あなたも気分や雰囲気に流されることなく自分の考えで一票を投じてほしい。みんなと同じでなくてもいい。主張することをためらうことはない。まだ時間がある。そして明日の投票に臨もう。
ーーーーー
<2013年7月21日>
2013参院選の投票終了時間 35%で繰り上げ 
「負担軽減」「夜は人来ない」

「広島県では三次市や庄原市などの計468カ所の投票所では、午後8時の締め切りを1〜4時間繰り上げる。広島市南区の似島と福山市の走島の計2カ所は投票開始時間を1時間早めた。」「総務省によると、参院選で投票終了時間を繰り上げるのは、全国の投票所4万8777カ所のうち、千葉、神奈川、大阪3府県を除く44都道府県の1万6957カ所(34・8%)。1998年以降の国政選挙で最も高い比率だ。」(中国新聞)

<繰り上げの理由について、各自治体は>
「投票立会人や職員の負担軽減」(茨城県取手市)、「夜間に投票率が上がらない」(高知県室戸市)、「震災復興に職員が必要」(福島県南相馬市)などとしている。「朝7時からずっと座っているのは正直つらい」。群馬県高崎市で10回以上、投票立会人を務めた70代の男性は言う。2011年4月の県議選で投票所は午後8時まで開いていたが、午後7時以降に来る人は少なく、手持ちぶさたに。」(朝日新聞)

なお福島県の投票終了時間を繰り上げる投票所の割合は100.00%だ。状況は分かる。しかし僕は幾ばくかの疑問が残る。その一方で「東日本大震災の被災地、宮城県気仙沼市は今回、全投票所で午後8時まで投票できるようになる。震災前の10年参院選以来、3年ぶりだ。」という事実。なお総務省は繰り上げについて「不都合がないというだけでなく、有権者の利益になる積極的理由が必要」としている。」(朝日新聞)

大事な選挙を自治体はこんな理由で投票時間の繰り上げをするのだ。あきらかに自治体関係者の怠慢と選挙に対する真剣さの欠如の現れだ。それぞれの合理化主義、ご都合主義がみえてくる。あきれてものが言えない。期日前投票があるからそれを利用したらいいという意見は、問題のすり替えでしかない。投票する権利を狭めることは、政治への参加を制限しているといえる。

若い人が選挙に参加しないと大人たちが嘆いている。その前に自治体の大人たちに猛省を求める。決めたことは守りなさい。全うしなければいけないのだ。時代の流れだからといって、なし崩し的にすべてそれに流れてはならない。守らなければいけないことがあるのだ。大事な一線を越えてはいけないのだ。この一線の基準はのほほんとして暮らしていたら見えてこない。だから何事にも問題意識をもとう。

憲法九条改正問題。それは問題化させてはいけないのだ。「問題すら存在しない憲法九条。改正にたいしては永久にこれを放棄する。」ではないだろうか。けっして気分や雰囲気に流されてはいけない。守らなければいけないことがあるのだ。時代の流れといって片付けることなく、大勢が正しいという固定概念に惑わされてはいけない。自分の考えを尊重してほしい。だからいま目の前で起きているあらゆることに最大の関心をはらい、自分で調べ、そして考えよう。最善を尽くそう。いまやりたいことより、いまやらなければいけないことを優先しよう。心の底から本当にやりたいと思っていることならかならずできる。

アタマの凝り固まった大人には日本の未来を託せない。若者の連帯の力を知ることなく若者を小馬鹿にする大人には用はない。僕は今回の選挙で多くのことを学ばせてもらい、考えさせていただいた。僕はもうじき投票に出かけるが、いまもなお考えている。
ーーーーー

いま思うこと。

『東日本大震災の復興予算が自治体などの基金を通じて被災地に直接関係のない事業に使われている問題』で、京都府は『大半は被災者ではないが、震災の影響で生活苦になった府民への支援になる』と。さらに『国の基準に従い適正に支出した。国から被災地復興に限るという指示はなかった。返還すれば事業や財政に影響が出かねない(府財政課)』とも。

いくら民主党政権下の施策だったとしても、あきらかに京都府の都合のいい拡大解釈による身勝手な流用だ。そして開きなおるこの姿勢。腐っている!被災地、被災者の気持ちをえぐる京都府の姿勢に強い憤りを感じる。あなた方が受け継いできている京都の伝統と歴史がかすんで見える。

このニュースは6月28日の京都新聞によるものだが、マスコミにはニュース(記者クラブ向け発表)の報道に平行して、さらなる調査報道をのぞむ。と僕の怒りは収まらずその矛先がマスコミにも向けられていく。あぁ…。

京都府のことだけに言及しましたが、他府県にも同様の問題があることにたいして、被災地、被災者の方々に申し訳ない思いでいっぱいです。日本は“ひとつ”じゃない、そのことがことのほか情けなく悲しい。いったいこんな日本が世界とどう向き合っていけるというのだ。正論に聞こえるかもしれませんが、しかしわれわれ国民はこういう現実の中で暮らしているということを、自責の念をこめて書き留めておきます。

日曜日のつぶやき

ご無沙汰しています。最近僕のブログが離島化してるようで…。本土から月に1〜2回のフェリーで食料が届くようなカンジです。

いまSNSのツイッター、フェイスブック、LINEが人気ですね。僕もよく利用しています。そこで今夜は昨日の日曜にツイートした、くだらないこと、まあまあなことなど、僕の日常の側面もしくは断片として原文のまま更新しますね。

いちばん下のYouTubeの映像は、昨夜の『菊地成孔の粋な夜電波』(TBSラジオ)でオン・エアされた楽曲のうちの二曲です。SNSがどれほどもてはやされようが、ラジオは僕のいい友達なのです〜(^^)/

・いまjwave11:40AM〜シトウレイさんの新番組を聞いていますよ。まだチューニングはそのままです(^^)/ HANAさんとコンセプトは同じだけどね。

・ピートの不思議なガレージ」はショートストーリーが進む中で途中でゲストとの会話も。構成はアヴァンティとほぼ同じでシチュエーションが変わってるだけかな?いつもの声は聞けますよ。そこが妙でもあるけどw アヴァンティを超えるモノじゃなかったけど育っていくのかな

・シトウさんのブログは僕も前から見てるけど、声と彼女の存在はまあ想像通りだったかな!?

・彼女のカメラはLUMIX GF1というとっても手軽なカメラ。いかにもという感じがしないとこがいいね。たぶんフットワークがいいんだと思うね。僕も同じカメラで仕事として撮ってるよ。そこに親近感があるね(^^)

・そう育てなきゃね。お店はお客が作っていくようにね。

・ところでいま聞いてるのはFMちゅーピーのネット?それともradikkerなどのネッチアプリ?ちゅーピーだとラジオだから安心して聞けるね。僕はちゅーピーだよ。

・キモチいい日曜の朝だよ〜(^^)/ ♪VALERIE(VERSION REVISTED)」 / MARK RONSON FEAT.AMY WINEHOUSE

・ほら手の中に収まるあのSONYで聞くのもいいよ〜(^^;;

・シトウさんがJ-WAVE、というのはもっともなキャスティングだね。両者相性が良さそう。満を持してというところだね。

・あっ、そうそウ。ソレはチョットしんどいね。ちゅーピーは出力が弱いから。

・SEも音楽、、、そんな構成が好きだね。そして写真を撮っているその現場の様子が想像できるのもラジオ派にとってはうれしい限り。

・アルメニアペーパーとラジオというショートコラムが書ける!いまこの一連のツイートをもとに僕のブログにいつか書いてみようと思った!おもしろいね、こういうの(^^)/

・僕はあのラジオ、ROBERTSで聞きながら、デスクのiMacでEchofonだから楽だよ。

・日曜の朝とサクラと風と陽射しと、ラジオと写真とアルメニアとソニーとロバーツ。イメージソースはもう十分すぎるほど(^^)/

・ J-WAVE、夕方5時からは『SAUDE! SAUDADE…』も。お互いによい日曜を〜♪

・いいね!僕はときどき平和大通りの南向きのベンチで聞いてるよ。僕のうちの庭の真ん中をクルマが通り過ぎていくんだけどねw

・久しぶりの夜電波。地方のネットは7時57分までになったのね。しかもRCCはネットを外れてるし、、、。まっ、radikkerで聞いてるからいいけどね〜♪

・radikkerで引き続き

・夜電波が終わったので、Inter FM / 高橋幸宏 Everyday Musicに移行〜

・今夜の夜電波は生でなく録音でした。流しながら聞いていたよ。放送は今回で99回目で来週は100回ね。8時台はジャジーな選曲。7時台に流れたこの2曲はよかったよ。 (※ツイートでは下のリンク先のYouTube映像付き)

・InterFMええよね。沖野さんはチェックね。この後11:30からは、松浦俊夫 / Tokyo Moon 25:30から、細野晴臣 / Daisy Holiday! と続くね〜♪

・深夜便2:00からは、エンジョイジャズ〜眠れなくなるw でもどれかを聞きながらいつの間にか朝というのがいつのものパターン。

・まさに!スキなモン(ラジオ時間)にどっぷりと。手ではつかめん、目で見えん。でも想像でどっちもイケル♪

・グレゴリー・ポーター

・Feeling Good.

・僕のタイムライン、イイねぇ(※ツイートでは写真付き)

ラジオ沖縄「方言ニュース」

130322a.jpg

登川誠仁さんの訃報を知らせる、ラジオ沖縄「方言ニュース」のポッドキャストです。

iTunes Podcast / 「登川誠仁さん逝去 沖縄民謡の唄者」

1960年9月12日から放送されているこの方言ニュースを僕が初めて聞いたのはいまから30年ほど前だった。以来、沖縄を訪れるたびに聞き始め、難解な方言を耳にすることによって、僕の知らない沖縄を感じることができた。また方言ニュース好きが高じてある雑誌で「方言ニュース」を取材させてもらったこともある。沖縄の魅力を伝えることはそこにある日々の暮らしを伝えることだと思ったから。あれから30年が経つが沖縄はいつも僕のココロの中に生きている。久しぶりにセイグァの生きてきた沖縄に行きたくなってきたよ。島でヴァイオレットの紫煙をくゆらせよう。

「方言ニュース」のサイト → GO 

あの日の登川誠仁さん

20130322b.jpg
20130322a.jpg

『登川誠仁さん死去、80歳 沖縄民謡の第一人者』の報を知ったのが今朝の午前10時だった。この写真は画像データによれば2006年9月27日の午後3時ころ。タッグを組んで仕事させていただいていた菊地達也さんと一緒に登川誠仁さんのお宅に伺ったときのものだ。菊池さんがインタビューしながら僕が撮影した。

緊張を持って臨んだのもつかの間、とても親しみのある明るい応対と、お話の間にときおりのぞく笑顔に僕らは安心して時間が経つのも忘れて話に夢中になっていた。

登川誠仁さんはインタビュー中もタバコ(沖縄でのみ販売されているヴァイオレット)を美味しそうに口にされ、ご自宅の前で僕らをお見送りいただいたときにも左手にはタバコがあった。

その一ヶ月後、10月28日(土)「登川誠仁演唄会」が広島クラブクアトロで開催された。

合掌

感謝とともに 201301010703

130102a.jpg

広島市は穏やかな元日の朝を迎えました。日の出前、早朝の歩道橋の上には新しい風が吹き抜けていました。家族、恋人、友人、仕事仲間。大通りを過ぎる透明な風、赤く色づく西の空、絶えずカタチをかえてゆく雲、たくさんの水をたたえた川の流れ、静かな雨、緑の樹々、そして太陽。広島に暮らしていけることに感謝します。dorado radioの読者のみなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。

“THIS PRAYER FOR THE WHOLE WORLD / BUILD AN ARK”

この曲は先ほどまで聞いていたラジオ、J-WAVE『RENDEZ-VOUS』から流れてきた曲です。石井亮さんによる選曲がいまの僕にシンクロ!僕が撮影したこの写真にメッセージとして使用させてもらいました。YouTubeでもiTunesでも。