8月の同じ時間の中で

旅はひとり、もしくは二人。僕はそう決めている。そのときの旅はふたりだった。クルマでここを出て、海沿いの道を走り金沢までゆくことが旅の唯一の目的だった。ピークを過ぎた二人の関係はこうした旅にはまったく不似合いだった。8月の同じ時間の中で、二人は心に抑揚のない別々の違う景色をずっと見ていた。

3/14
パリと夏のイメージを僕の記憶から取り出して、アートポスターに添えています。14回シリーズの今日はその3回目。

「パリの美術館アートポスター展」
開催:2018年8月1日(wed)〜12日(sun)
会場:シャムロック1階(広島市中区土橋町6-29)」

夏はこころの中にある

「祖父、誠さんは62回の夏を経験した。父は72回、母は100回にあとほんの少しだった。兄と僕は誠さんを超えることができた。父に追いつくまであともう少し。では、母を越えるにはどうすればいい?『夏はこころの中にある。自分が夏になればいいから』。誠さんがどこかで囁いている。」

2/14
パリと夏のイメージを僕の記憶から取り出して、アートポスターに添えています。14回シリーズの今日はその2回目。

「パリの美術館アートポスター展」
開催:2018年8月1日(wed)〜12日(sun)
会場:シャムロック1階(広島市中区土橋町6-29)

泡立つ夏景色の中で

「小学六年生の夏休み、町内のコカ・コーラ生産工場の見学に学校のみんなと行った。初めて飲んだコーラの味は薬のような味がした。それでも僕は6本飲んだ。友達は飲めるだけ飲んでさらに水筒にいっぱいにして持ち帰った。あのときのみんなは、いまでも泡立つ夏景色の中でプシュッと笑っている。」

1/14
パリと夏のイメージを僕の記憶から取り出して、アートポスターに添えています。14回シリーズでお届けします。

「パリの美術館アートポスター展」
開催:2018年8月1日(wed)〜12日(sun)
会場:シャムロック1階(広島市中区土橋町6-29)

パリの美術館アートポスター展

「パリの美術館アートポスター展」
開催:2018年8月1日(wed)〜12日(sun)
会場:シャムロック1階(広島市中区土橋町6-26)

パリの美術館で開催されたポスターを展示いたします。ずっと僕の部屋から出ることはなかった作品が、今回シャムロック、原田さんのご協力により実現する運びとなりました。はじめてみなさんの前でご紹介できるよろこびに感謝いたします。ありがとう!原田さん。

この夏、みなさんと僕の素敵な思い出ができるといいなぁ。会期中は仕事もあるけど、その間を縫ってできるだけ会場にいようと思っていますよ。
ーーーーー
パリ、ポンピドゥーセンターで行われたコルビジェの展覧会をはじめ、ブールデル美術館のバレンシアガ、ピカソ美術館・ パリのリニューアルオープンを記念したアートポスター10数点にオリジナル額装を施し展示します。また特別出展として数点も並ぶ予定です。

すべてのポスターは、僕が15年以上ずっと通い続けるお店の店主が、長い時間をかけてすべてパリから大切に持ち帰ってきたものです。 それがゆっくりと時間を重ねながら、1枚、1枚と僕のコレクションに加わっていきました。夏のなかで、美しい花々にあふれた素敵な空間にあのころのパリが咲きます。(土居辰彦 / dorado)

 

机上をランナーが駆け抜けて行った

それまでフレームの中は冬へと向かう秋の季節だった。そこに、ある一つのものを加えると、それまでの世界が一変した。Bicのボールポイントペン、それはまるでゴールを駆け抜けた短距離走者のようだ。その季節はいうまでもない。いまそのものだ。

その一方で、カオが完成したと受け止めるのもおもし…。

自分らしさ、あなたらしさ

BRUTUS 3.15号の特集は「東京らしさ」だ。「東京」を隠して、「何か」に変えてみたら面白い。それはモノだったり、名前であったり。僕はこのヨーグルトを乗せてみた。

買った理由は、20ページにもおよぶ綴じ込み「ぼくの哲学 MEET MONSIEUR KAMAYATSU」を読みたかったから。ムッシュは粋という言葉がよく似合う洒落者だったね。